テーマ:日常

夏が近し

梅雨の中休み、BaJaをカットに連れ出します。 すでに13歳、通常の美容院では受け付けてくれません、獣医の監修のもとに健康診断をおこなってからのカットです。 よたよたと歩いていましたが、カットして身軽になっとのか歩きも快調です。 ちなみに冬はロンゲ! 人様も夏に備えてウナギを食します。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅雨の晴れ間

梅雨の嵐のあと、お空のチリが洗われて久々に富士山のお顔を拝めました。 そこかしこにアジサイが咲き乱れ、有名なお寺に出向かなくてもアジサイが鑑賞できます。 手術以降晩酌を控えておりましたが、久しぶりに一献傾けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の日

平成31年4月30日、平成最後の日を迎えました。 外はしとしとと雨が降っております。 平成の時代日本は戦争もなく穏やかな日々を送ってきましたが、災害の多く発生した時代でした。 今日で時代は一つ進みます。 令和はどんな時代となるのでしょう?これからが楽しみです。 さあ、今が旬のしらすどんぶりで朝食を!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらさく

日本に生まれてよかったと思える季節の到来です。 さくらさく! パット咲いて、パッと散る。春の訪れ、そろそろ田植えの準備! 季節は巡り、豊穣の大地の恵みが。 人生60年、そろそろ体もぼろがきて、其処ら中にガタがきて、今年は3回の入院を切り返したが、復活。 やっとほんの少しビールでのどを潤せるようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道具を整える

20年使っていたナイフスタンドの劣化が激しく、新しいナイフスタンドを購入しました。 木製のスタンドなので腐食が進み使用に耐えません、今回はほかの素材にしようか迷いましたが、湿気を吸うので木製のほうが良かろうと思います。 夜中に包丁を研ぐ、他人様から見れば異様な景色ですが、本人はいたって平常心、心が落ち着きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋深まる

ほんの数日前まで30℃を超える夏日でTシャツ短パンで過ごせましたが、一雨ごとに気温が下がり一気に秋が深まりました。 横浜元町にいとうやが開店してチャーミングセールが開催されています。 秋谷の海岸には人影はまばらとなり、日常に戻っています。 今日は中秋の名月、おぼろ月ですが風情があります、秋の夜長鈴虫の声もなぜか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の訪れ

今年の夏、台風、地震、猛暑と災害の発生の多い年でした。 時の歩みは一歩づつ、秋の訪れも足早にやってきます。 テラスの花々は猛暑に耐えて少しだけ元気を取り戻し、かわゆい花を誇らしげに咲かせています。 心地よい秋はあっという間に過ぎ去り、厳しい冬の訪れです。 つかの間の心地よい季節を楽しみましょう。 食卓に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お空は秋の訪れ

連日の猛暑がうそのような陽気、天高く馬肥える秋の訪れです。 真夏のうだるような湿度90%の世界とはおさらば、湿度は50%に落ちてきました。 秋谷の海岸の喧噪は去り、いつもの静かな時の訪れです。 さあ食欲の秋、旬の食材が出始めます、その前になごりの食材鰺を一夜干しにして、朝ごはんのおともで頂きましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六月晦日

今年も半分すぎました。光陰矢の如し! 夏越えの食事、義兄弟の法事をかねて近所にお出かけします。 関東は梅雨明けしていきなりも猛暑、高齢の両親を伴ってのお出かけは気を使います。 ステーキを頂くと思っておりましたが、会席に変更します。 好みの鱧の前菜を頂きます。 お造り三種、鯛、マグロ、烏賊。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜ちり初夏のかおり

季節は移り、桜ちりしょかの香りが漂います。 今年の桜は咲くのも早く散り行くときもあっと夕いうまでした。 桜はすっかり葉桜に、ウグイスの鳴き声はうまくさえずるようになりました。 気温も朝は肌寒く、暖房が恋しいですが、お日様がお顔をのぞかせると初夏の陽気です。 庭の花も一気に季節がすすみ、一斉に花を咲かせて癒してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと春が来た

テラスから眺められる借景の桜が3分咲き、長かった冬は終わり、やっとはるが来ました。 お出かけするとそこかしこに桜が咲き乱れ、秋谷が自生地の二輪草も可憐に咲いています。 食卓にも春が来た。 春キャベツのお漬物、秋谷のシラス、若芽のお味噌汁。 春ですね~! お寿司にも春! 白身がメバル、春を告げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ春ですね

暖かい、今年一番の陽気! 桜の季節の到来です、河津桜が春の日差しを浴びてこの世の春を謳歌してます。 裏山はいまだ冬の景色ですが、2週間も過ぎると山桜が咲き乱れ、鶯が泣き始めます。 もうすぐ春ですね。 食卓にも少し春の兆し、若芽、ひじき、もうすぐシラスも解禁です。 もうすぐ春ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々の暮らし

まだまだ寒い日が続いています。 平昌オリンピック観戦で時をとられていますが、日々の暮らしは変わりません。 朝いちばんでオメザを頂き、包丁のメンテナンスを行います。 包丁が思い道理に切れないとストレスがたまります。 使い方が雑になると欠けが生じたます、以前は研ぎに出していましたが、日々のお手入れで自分の好みの切れ味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春待ち時

立春は過ぎたのにまだ寒さの峠越しません。 この時期は、空気が澄んで、相模湾越しに富士山、丹沢山系、伊豆半島、大島と雄大なパノラマが目の前に広がります。 夕暮れ時は自然の絵画が眼下に広がり、ちまちまとした人の行いが小さく見えます。 早春の花、梅がほころび始め、お寺さんにいろいろな種類の梅が鑑賞できますが、お江戸か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は立春

暦の上では今日は立春、春の訪れですが立春寒波の到来で列島は寒さに震えています。 関西地方の風習、恵方巻をその年の方向に向かって無言で頂く、今年は南南東とのことです。 恵方巻を頂く習慣は関西でも限られた地域と思います。 たぶん海苔問屋が消費拡大のために思いついた行事でしょう、それにコンビニ、お弁当屋さん、デパートが便乗し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬日更新中

寒さのさかり、南岸低気圧がもたらした雪が降って1週間いまだに雪が消えない、今週も降雪の予想が出ています。 巷ではインフルエンザが流行って注意喚起されている、なるべく人込みを避けるように心がけますが、そうもいきません。 秋の台風、異常低温の影響で葉物野菜が高騰してますが、頂かないわけにはいきません。 美味しいお野菜も求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年一番の寒さ

今年一番の冷え込み平成に入って朝の最低温度がー4℃に下がり48年ぶりの寒波の到来です。 幼少のころ、水たまりが氷戯れていたことを思い出します。 そこかしこで水道が氷り、首都高速は先日の降雪でいまだ全線開通しておらず、都市の弱点をさらけ出している。 寒さが厳しいですが、季節はめぐり、鎌倉宮の河津桜が咲き始めました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜明けると

一夜明けると秋谷は雪国! 昨晩は断続的に停電が続発して、そのたびに非常用発電機が回って大騒ぎ、睡眠不足です。 雪が降っている時より一夜明けた今日のほうが転倒のリスクは高まります。 不要の外出は控えましょう。 寒い朝は暖かい雑炊がごちそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壱拾日えびす

1月10日は壱拾日えびすの日、関西地方で盛んに御参りが行われている、この日にえびす様に御参りして熊手を買い求めて、商売繁盛を願います。 鎌倉大町に本覚寺があります、子供のころの遊び場でした。 その頃はえびす様とは知らず,ずいぶん罰当たりな事をしたものです。 そろそろ正月食材も底をつきました、買い出しして常備材を作り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花と酒の日々

お正月は三度のお酒をいただき酒浸りの日々! おかげで体調は!血圧が不安定となり、今日から断酒、いや節酒を心がけます。 お正月中もお花の手入れは欠かせませんが、気配りができていません。 プリムラの花ガラを取り除き、栄養剤を点滴して、少しでも元気になるように愛情を注ぎます。 冷蔵庫の断捨離をかねてひとり鍋を!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松の内

松の内、関東では7日、関西圏では15日、一部地域では1月いっぱい、地方によっへ松の内は違いますが、正月飾りを焼くどんと焼きが7日に行われます。 正月飾りは冥途への一里塚! お役目ごめんで秋谷海岸でどんと焼きが行われますが、最近はダイオキシンが出るので控えるところも多いようです。 話は変わりますが、三浦半島は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お正月なのに

朝起きたら、冷蔵庫が冷えてない! 生暖かい、凍結庫の氷はだらしなく溶けかかっている。 まだ食べきれない食材が山ほど入っているので食材が保冷剤の役目をはたして何とか温度を保っている。 正月なのに。 格闘すること2時間、何とかコンプレッサーが周りはじめ冷えだしました。 購入してから9年、そろそろ寿命かな、メーカーも部品…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い元旦

鎌倉に初詣へ、八幡様は劇混なので、鎌倉えびす本覚寺へ、子供のころからの遊び場です。 三が日は車での乗り入れは禁止ですが、バイクで裏道を抜けて目的地へ! ジモティーの特権です。 寒い、サムイ、シバレル。 大黒様を触って今年も福がきてくださるように! お正月の宴はすきやきで一献。 今回はキノコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 大晦日は生憎、曇っておりましたが、元旦、新年の朝日は拝めないと思っておりましたが、真っ赤な旭が拝めました。 何かと騒々しい世の中ですが、今日の旭のように明るい世の中になってほしいものです。 初日の出を拝んだ後はBJとお風呂に入って一献!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ新年を迎える設えを

年末寒波の到来で風が吹きすさんでいます。 来客用駐車場に設えた寄せ植えは風に煽られ悲惨な姿を! 安定感のある鉢に植え替えます。 そろそろ新年を迎える設えを! 29日は二重に苦しむ設えを作るには28日、30日しかありません。 正月用の一献のあて、シラスは今月で禁漁となります、シラスも仕込まねば、何かと気ぜわしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬至

今日は冬至、昼間が一番短い日。 冬至にはんのつく食べ物を食べて、柚子のお風呂をいただいて体の邪気を退治する。 冬瓜、こんにゃく、小豆、大根、おかゆ、体が喜びそうな食べ物ですね。 自宅のお風呂に柚子を入れるには大量の柚子を仕入れなければなりません。 あいにく今年は台風が直撃してゆずの出来がよくありません。 温泉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年いろいろありました

師走、片田舎の秋谷に世間の喧噪は届きませんが忘年会のお誘い、寒い中出かけるのは億劫ですが! 街は新しい年を迎える準備で忙しなそう。 破魔矢を準備する神社、初日の出の話、除夜の鐘の体験、初日の出を愛でながらの朝風呂。 さて何しましょう! 寒さが厳しくなってすしネタも旨みが増してきました。 普段はあまりいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下戸の羊羹

年月を重ねると酒量が減ります。 その分体が甘いものを欲しがります。 幸い、地元には甘味処がそこかしこにあり助かります。 お江戸にいたときは虎屋の羊羹が好物でしたが、今は江の島参拝の門前にある玉屋の羊羹で十分です。 昔に比べて甘さ控えめでちょっと物足りませんが! 魯山人納豆、べったら漬け、大根葉のお味噌汁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋から冬へ

裏山の紅葉は盛りをすぎて、落ち葉となっているが、枯れた落ち葉も土にグラデーションを描いて美しい。 師走に入りめっきりと冷え込み、相模湾越しの富士山は、雪を抱いて綿帽子をかぶり、北斎の世界が広がります。 光陰矢の如し! 冬の楽しみは鍋ですが、お楽しみは最期の〆、おかゆさん。 美味しい〆を頂くには鍋の仕切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もあとひと月

時の流れははやく今年もあとひと月。 騒がしい年でした、北朝鮮の脅威、政界、役人、財界の腐敗、日本人のよき心、「恥の文化」の衰退が問題の本質にあるように感じます。 環境問題、季節にいただける食材も、海流の変化、長雨の影響で、頂けなくなりました。 相模湾の名産シラスもごたぶんにもれず不漁です。 久々の大阪ずし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more