テーマ:料理

梅雨の晴れ間

梅雨の嵐のあと、お空のチリが洗われて久々に富士山のお顔を拝めました。 そこかしこにアジサイが咲き乱れ、有名なお寺に出向かなくてもアジサイが鑑賞できます。 手術以降晩酌を控えておりましたが、久しぶりに一献傾けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の日

平成31年4月30日、平成最後の日を迎えました。 外はしとしとと雨が降っております。 平成の時代日本は戦争もなく穏やかな日々を送ってきましたが、災害の多く発生した時代でした。 今日で時代は一つ進みます。 令和はどんな時代となるのでしょう?これからが楽しみです。 さあ、今が旬のしらすどんぶりで朝食を!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらさく

日本に生まれてよかったと思える季節の到来です。 さくらさく! パット咲いて、パッと散る。春の訪れ、そろそろ田植えの準備! 季節は巡り、豊穣の大地の恵みが。 人生60年、そろそろ体もぼろがきて、其処ら中にガタがきて、今年は3回の入院を切り返したが、復活。 やっとほんの少しビールでのどを潤せるようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ春の兆し

チュウーリップ端正込め育てて3っ月、癒してくれるのは3日、儚い! ハンバーグ、味付け次第で七変化!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道具を整える

20年使っていたナイフスタンドの劣化が激しく、新しいナイフスタンドを購入しました。 木製のスタンドなので腐食が進み使用に耐えません、今回はほかの素材にしようか迷いましたが、湿気を吸うので木製のほうが良かろうと思います。 夜中に包丁を研ぐ、他人様から見れば異様な景色ですが、本人はいたって平常心、心が落ち着きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

料をはかる

お出汁を摂った後の昆布、干しシイタケが凍結室に。 実山椒を加えてシイタケ昆布を炊き上げます。 これでおかゆさん、ぶぶズケを美味しくいただけます。 料理は理をはかる。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本食文化の危機。

鰻の稚魚の減少により鰻の価格が上昇、繁盛店も一時の賑わいはいずこへ! 一人前4000円以上ではおいそれと、家族で頂けません。 年金支給日に行列のできていたお店も、今はすんなりとはいれます。 鰻に限らず、烏賊、鮭、蟹と日本食を支えている魚が軒並み漁獲量が低下して高騰してます。 正月に頂く、蟹、かずのこ、はそのう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の訪れ

今年の夏、台風、地震、猛暑と災害の発生の多い年でした。 時の歩みは一歩づつ、秋の訪れも足早にやってきます。 テラスの花々は猛暑に耐えて少しだけ元気を取り戻し、かわゆい花を誇らしげに咲かせています。 心地よい秋はあっという間に過ぎ去り、厳しい冬の訪れです。 つかの間の心地よい季節を楽しみましょう。 食卓に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お空は秋の訪れ

連日の猛暑がうそのような陽気、天高く馬肥える秋の訪れです。 真夏のうだるような湿度90%の世界とはおさらば、湿度は50%に落ちてきました。 秋谷の海岸の喧噪は去り、いつもの静かな時の訪れです。 さあ食欲の秋、旬の食材が出始めます、その前になごりの食材鰺を一夜干しにして、朝ごはんのおともで頂きましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六月晦日

今年も半分すぎました。光陰矢の如し! 夏越えの食事、義兄弟の法事をかねて近所にお出かけします。 関東は梅雨明けしていきなりも猛暑、高齢の両親を伴ってのお出かけは気を使います。 ステーキを頂くと思っておりましたが、会席に変更します。 好みの鱧の前菜を頂きます。 お造り三種、鯛、マグロ、烏賊。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑さ寒さ

初夏の陽気になったり、梅雨寒になったり、気温の変化が激しいこの頃です。 それでも裏山の鶯は求愛のころを迎えてせわしく囀っています。 それを狙って猛禽類が上空を乱舞します。 ここにも自然の営みがあります。 裏山の新緑は一雨ごとに深みを増して、テラスのゼラニュームを引きてててくれます。 庭のアジサイはさかり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の河豚を食らう。

河豚は冬に食す物ですが、真夏に盛を迎える河豚があります。 ショウサイフグ! 最近とらふぐは養殖物が多いですが、ショウサイフグが天然相模湾産です。 河豚はうす作りで頂くのが一般的ですが、河豚の美味しさを感じるのはぶつ切りで頂きます。 テラスのすだちはまだ小さいですが贅沢は言ってられません、小さいながらもすだちの香り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花さかり、新緑の芽吹き

春の嵐にも負けず、アイビーゼラニュームがそこかしこに花を咲かせています。 振り返れば、裏山は藤が咲き乱れ、新緑がまぶしく輝いています。 テラスの菜園はカボスが開花して、今年は豊作の予感! イタリアンパセリ、バジル、セージ、ミント、ローズマリー,山椒と料理に必要なハーブは自前で事足ります。 一仕事終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川百景

秋谷の立石、年に2度富士山に夕日が沈むダイアモンド富士が見れますが、10年間に一度しか見れませんでした。 相模湾越しに富士山が眺められるのは厳冬期に限られ、夏場は空気が淀んで眺められません。 広重も秋谷の立石を浮世絵に映しています。 秋谷は鎌倉時代から鎌倉と三浦の街道筋として栄え、若宮家が支配している宿場があったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花さかり

4月も中旬を過ぎて春本番、低気圧と高気圧が交互にきて、植物も春を謳歌しています。 一年前に挿し木した」ガザニア、ぜらにゅーむが咲き乱れます。 コンテナに設えたジャズミン、パンジーを久しぶりのお日様に会えてうれしそうにのびのびと日光浴です。 マンションのグリーンの手入れに1週間かかりましたが、これから養生せね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜ちり初夏のかおり

季節は移り、桜ちりしょかの香りが漂います。 今年の桜は咲くのも早く散り行くときもあっと夕いうまでした。 桜はすっかり葉桜に、ウグイスの鳴き声はうまくさえずるようになりました。 気温も朝は肌寒く、暖房が恋しいですが、お日様がお顔をのぞかせると初夏の陽気です。 庭の花も一気に季節がすすみ、一斉に花を咲かせて癒してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半島の桜は満開です

半島を車で巡るとソメイヨシノが満開で春爛漫! 山桜も咲き始め、山は薄白く染まっています。 満開から一気に葉桜へ、風薫る新緑の季節へと時は移ってゆきます。 自宅の花々も厳しい冬を乗り越えて可憐な花が咲き乱れます。 さあ、次のシーズンに向けて作業は続きます。 この時期はやぶ蚊はいませんので気持ちよく作業がこなせます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと春が来た

テラスから眺められる借景の桜が3分咲き、長かった冬は終わり、やっとはるが来ました。 お出かけするとそこかしこに桜が咲き乱れ、秋谷が自生地の二輪草も可憐に咲いています。 食卓にも春が来た。 春キャベツのお漬物、秋谷のシラス、若芽のお味噌汁。 春ですね~! お寿司にも春! 白身がメバル、春を告げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残り雪

お彼岸、外は名残り雪、さくらは開花しましたが、まだ3分咲、雪の冷たさに震えています。 5日も過ぎると借景の桜も開花するでしょう。 外は冬景色が広がっています、春の香りを探しにすかなごっそへお出かけします。 春キャベツ、朝採れタケノコ、フキノトウ、春の香りが広がっています。 朝採れ筍を下茹でしたら部屋中の春の香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11

3.11、東日本大震災あれから七年。災害は忘れたころにやってくる。 震災に遭遇して人生を1からやり直し無ければならない人。 それでも時間が流れて、自然の回復力、人々の生命力があふれて元の姿を取り戻しつつある。 3.11湘南地方のシラスの解禁日、解禁初期はシラスの姿をなかなか拝めませんが! 沖にシラス船が出漁しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ春ですね

暖かい、今年一番の陽気! 桜の季節の到来です、河津桜が春の日差しを浴びてこの世の春を謳歌してます。 裏山はいまだ冬の景色ですが、2週間も過ぎると山桜が咲き乱れ、鶯が泣き始めます。 もうすぐ春ですね。 食卓にも少し春の兆し、若芽、ひじき、もうすぐシラスも解禁です。 もうすぐ春ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光と色

長い冬の終わりを告げる春告雨が降りしきる、草木は暖かいシャワーを浴びて生命の息吹をよみがえらせる。 春の光と色彩が明るく世をてらす。 てらすの花々も春を謳歌する季節の到来です。 厳しい冬の間に手間をかければ、春の到来とともに喜びを表現して美しい花を咲かせて楽しませてくれます。 決して根っこ、土壌、手間暇を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断捨離しましょう。

2月も下旬、平昌オリンピックも終わりました。 春はもう其処まできていますが、空気はまだ冷たい。 買い出しも気が引けます、冷蔵庫の断捨離をかねて一献のあてを作ります。 ありあわせの材料で肉じゃがを頂きます。 よくできました、肉じゃがはよい肉があればそれなりに頂けます。 凍結してあるブレのパリジャンでフレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨水は過ぎて

雨水は過ぎても、朝晩は冷え込みます。 雪から雨に変わって植物は新芽を芽吹く準備をしているようですが、今年は寒さが厳しくセダムは紅葉してます。 少し時が経てばみずみずしい新芽が芽吹くでしょう。 バッハは日永ストーブの傍に陣取りぬくぬくとお休みです。 お前はネコか! 久々に豚しゃぶを頂きます。 ネギと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日々の暮らし

まだまだ寒い日が続いています。 平昌オリンピック観戦で時をとられていますが、日々の暮らしは変わりません。 朝いちばんでオメザを頂き、包丁のメンテナンスを行います。 包丁が思い道理に切れないとストレスがたまります。 使い方が雑になると欠けが生じたます、以前は研ぎに出していましたが、日々のお手入れで自分の好みの切れ味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春待ち時

立春は過ぎたのにまだ寒さの峠越しません。 この時期は、空気が澄んで、相模湾越しに富士山、丹沢山系、伊豆半島、大島と雄大なパノラマが目の前に広がります。 夕暮れ時は自然の絵画が眼下に広がり、ちまちまとした人の行いが小さく見えます。 早春の花、梅がほころび始め、お寺さんにいろいろな種類の梅が鑑賞できますが、お江戸か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根のつぶやき

寒さ厳しい季節、暖かいものが最高のごちそうです。 おでん、最高の具材派大根でしょう。 最近は栽培しやすい青首大根が主流ですが、地元の三浦大根がおでんには最適でしょう。 ずんぐりむっくりした姿は栽培するには大変と思います。 下部にゆくほど太り、収穫するのも一苦労、価格も青首の倍位しますが。 下茹で時間は短く、荷崩れ無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は立春

暦の上では今日は立春、春の訪れですが立春寒波の到来で列島は寒さに震えています。 関西地方の風習、恵方巻をその年の方向に向かって無言で頂く、今年は南南東とのことです。 恵方巻を頂く習慣は関西でも限られた地域と思います。 たぶん海苔問屋が消費拡大のために思いついた行事でしょう、それにコンビニ、お弁当屋さん、デパートが便乗し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬日更新中

寒さのさかり、南岸低気圧がもたらした雪が降って1週間いまだに雪が消えない、今週も降雪の予想が出ています。 巷ではインフルエンザが流行って注意喚起されている、なるべく人込みを避けるように心がけますが、そうもいきません。 秋の台風、異常低温の影響で葉物野菜が高騰してますが、頂かないわけにはいきません。 美味しいお野菜も求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年一番の寒さ

今年一番の冷え込み平成に入って朝の最低温度がー4℃に下がり48年ぶりの寒波の到来です。 幼少のころ、水たまりが氷戯れていたことを思い出します。 そこかしこで水道が氷り、首都高速は先日の降雪でいまだ全線開通しておらず、都市の弱点をさらけ出している。 寒さが厳しいですが、季節はめぐり、鎌倉宮の河津桜が咲き始めました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more